JALとANAの機内音楽としても採用!!

2016年4月より、ANA国内線の機内音楽と、JALの国内線と国際線の機内音楽にACOON HIBINOさんの「睡眠を誘う音の処方箋~愛の周波数528Hz~」が採用されています!!

 

 

 

528ヘルツは他の周波数と、どこが違うの?

 

「現在、国際標準の周波数は440ヘルツです。私たちがふだん聴いている音楽はこの周波数で、交感神経を上げる作用があると言われています。一方で、528ヘルツは交感神経を下げて、副交感神経を上げてくれる周波数。DNAを修復する音楽という人もいます。そのため、528ヘルツの音楽を聴けば、リラックスでき、よく眠れるようになり、不調が改善していくのでしょう」

すでにJALとANAの国内線、国際線の機内音楽としても採用されており、機内で眠れない人もこれを聴けばぐっすり!? さらに赤ちゃんや、犬や猫などのペットにも効果てきめんだそう。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12323892/

 

みなさんは飛行機の中で何をして過ごしていますか?

映画を見るにしてもずっとは見ていられないですよね。

続けて見ても2作といったところでしょうか。

仮眠を取ろうにも落ち着かず寝られない、周りの雑音が気になる・・・など、あまり寝やすい環境ではないのが悩み。

私も飛行機ではなかなかうまく眠れません。

そのような方が多いからこそ、航空会社さんもお客様にリラックスした気持ちで睡眠をとってもらえるよう、ACOON HIBINOさんの「睡眠を誘う音の処方箋~愛の周波数528Hz~」を採用したのでしょうね。

次に飛行機に乗る際には私も是非聞いてみたいと思います(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です