音楽は脳の老化防止にも役立つ!!

音楽療法とは?

音楽を聞いたり、演奏したり、歌を歌うとこで、健康を回復し、音楽のもつリラックス効果やコミュニケーションを引き出す効果を利用することで、心身の障害の改善や生活の質の向上を目指していく療法です。

 

引用元:http://weheartit.com/

 

 

資格や制度ではアメリカと差異がありますが、日本における音楽療法そのものは、高齢者施設、児童施設、病院などの、福祉・教育・医療分野などを中心に積極的に取り入れられてきています。ほかにもメンタルヘルスケアや、精神保健、健康の維持のためにも応用されるなど、幅広い分野で活用されています。

引用元:https://h-navi.jp/column/article/35026032

 

超高齢社会の21世紀は『未病』との闘いの時代です。

未病とは、まだ具体的な病気になってはいないものの、何となく調子が良くない感じる状態を指します。

未病対策には、食事や運動ももちろん大切ですが、音楽は聴くだけなので、大した準備も必要なく、お金も掛かりません。しかも楽しく、気持ちよくなれるので、長続きするのが音楽療法のメリットです。

脳の活性化という観点では、懐かしい曲を聞くことで昔の光景や思い出が蘇り、認知症予防や改善に役立つという効果もあります(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です