自律神経失調症になりやすい体質や性格について


様々な悪影響を及ぼす、自律神経失調症。

なりやすい体質や性格はあるのでしょうか?

ストレスや不規則な生活習慣で起こると言われていますが、同じストレスや同じ生活習慣で暮らしていても、自律神経失調症になる人とならない人がいますよね。これは、持って生まれた体質や性格が、影響しているからなんです。

自律神経失調症になりやすい体質
・子供のころから虚弱体質だった・乳児期によく夜泣きをした
・子供の頃、よく乗り物酔いをした・いくら食べても太らない
・下痢をしやすい(よく薬を飲む)・便秘をしやすい(よく薬を飲む)
・冷え性・血圧が低い・月経異常がある・アレルギー体質

自律神経失調症になりやすい性格
・ついクヨクヨと考えてしまう・ささいなことが気になる
・周囲の目や周りからの評価が気になる・気持ちの切り替えができない
・人に依存しがち(いつも頼ってしまう)・権威に弱い

引用元:http://genki-go.com/what/03.html

あたなは、いくつ当てはまりましたか?
体質や性格は急に変えることはできませんが、考え方などに気をつければ、自律神経失調症のリスクは下がります。

538hzを聞いて、日々の感情のコントロールやストレスの改善で、防げるかもしれません!!
ぜひお試しください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です