世界各国の民族音楽にも使われている528㎐

ソルフェジオ周波数とは、聖ヨハネへの賛美歌などに代表されるグレゴリア聖歌に見られる音階のことです。

https://pixabay.com/

現代の音楽ではあまり使われない音で、新しい刺激を脳と体に与えて調整してくれます。

それによって今までの思考から新しい思考への変化を脳の活性化を図ります。

通常みなさんの知っている音階は十二音音階ですが、 グレゴリア聖歌に見られる音階は、ヘクサコルド(ヘキサコード)と呼ばれる六音音階が使用されています。

この六音音階が世界各地の民族音楽で使われていることが多い音階なのです。

http://kokkis.net/info.html

ソルフェジオ周波数は、スピリチュアルに繋がる「周波数」で、音を楽しむ、というより、癒しやDNAの修復、覚醒などの目的で聞くことがお勧めされています。

日本でも色々な癒しの方法がありますが、国によってはそういう環境を作るのが難しい場所もありますよね。

そんな時に誰でも聴ける音楽という手軽な手段を思いついた昔の方が曲を作ったのかもしれないですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です